仮面福祉会

できることを切り売りしています

2019-01-01から1年間の記事一覧

俺の話を聴いてほしい一人一人がいじらしい

出張の予定であったが、財布を取りに職場にとりあえず事務所に向かう。昨日、同居人の就職祝いを買おうとしたら財布がなくて愕然としたのだった。 暑いうえに、鎮痛剤を補充し忘れて腹が痛い。出張のコンディションとしてはわりと最悪だが、複数個所の施設に…

気にしないでおこうと気にしている

ラグビーワールドカップのチケットを2枚買ってある。先々のチケットを買う時、その頃にもしかしたら一緒に行く相手ができているやも、という希望を隠し切れず恥ずかしい。しかしこの件に関しては弟と行く約束を今日、した。 知人より、アーティストへの好き…

内からも外からも、水

セールが始まっており驚く。まだあまり夏らしいかっこうもしていないし、仕事が未だに準備段階のものが多いので、時間が進んでいないような感じがしていた。セールの後ろに秋物シーズンが忍び寄り恐ろしい。 しかし自転車に乗ることが増えたせいか、大変に梅…

正面から見ると宙に浮いている

七之助がいだてんに出演するんだって。すわ。しかも森山未来と満州に行く役回りだなんて、五体投地。七之助の女形は姿も仕草も美しい可愛い存在感が異常、と主に私に言われているが、まず声がいいので立役も良いのだ。七之助がクドカン脚本のうぬぼれ刑事に…

夢では多分1.0ぐらい見えている

目の調子が悪いので裸眼で歩いており、夢のようだ。歩くだけなら特に支障はないが眠くなる。しかし調子が悪いのは低気圧の鎮痛剤服薬案件だったのかもしれない。もう30年以上自分をやってるのにこんなに理解度が低いのなんなんだ。 同居人が大量の梅の実を…

トイレから出てハッとする

暗記パンを食べて覚えたことを、忘れるときの感覚ってどんな感じなんだろう。覚えたという事実も忘れるのか、覚えたはずなのに忘れたというもどかしい感じなのか。一度覚えたことを完全にまるまる忘れるというのは、ちょっと怖いんじゃないだろうか。 歴史上…

いつも全力でマジレスを投げる

切手を貼り忘れた手紙が返ってきた。 仕事も職場の人間関係も、特段面白くはないが嫌いでもないので、ありがたいことに仕事に行きたくないなと思うことがあんまりない。しかし毎朝欠かさず絶望感がある。起きられないわけではない。さっさと起きて活動をして…

数年越しで受ける呪詛返し

伊坂幸太郎のSOSの猿というのを読んでいた。なんとなく中途半端で物足らない感じがしたが、登場人物の言っていること、感じていることは、直接的によくわかった。絶対的な悪者はいないのではないかとか、原因を遡ると誰も責められなくなるとか、物事の多面性…

とりあえず大きい声を出して泣く

いだてんの第一部完の日なので、リアタイ視聴をせねばと万障繰り合わせた。東日本の震災がなかったら、関東大震災の被災者の1カ月後なんて、想像しようとも思わなかったんじゃないだろうか。ドラマによって歴史が生の感覚になってようやく、気付いていなか…

常に夢を見ているようだ

寝ると変な夢を見るが起きると忘れる。起きていても眠くて現実感が薄い。暑いのと、運動をするようになったせいで洗濯に追われておりしんどい。 先週に続き雨のためとぼとぼ徒歩移動。濡れてないのに濡れてる気がする湿気で溺れる連想をして心なし息苦しい。…

袂の風圧で前に進めないのでは

家に帰ったら中庭で同居人が焚いた炭を見つめていた。病んでるのかな。 歌舞伎の荒事の話が興味深かった。荒事とは勧善懲悪で、赤い隈取をしたヒーローがド派手で張りぼてみたいな恰好でばーんと現れて、まるっと解決するスキームである。最も典型的なのは多…

昔、とはいつのことを言いますか

単純に夜更かしをしており眠い。 江戸と歌舞伎の話をこんこんと聴く機会を得る。1700年代あたりは、3対1ぐらいの割合で男が多かったため関係性において女性優位で、仕事もすれば離婚も再婚も女性主導でしていた、という話を聞き、時系列について考える。現…

あなたと私は違うからわからない

キャラづけ、という中高生みたいなことを考えている。これから1ヶ月程度初めましての人たちと一仕事する予定があるのだが、この前も後ろもないコミュニティでどのようなキャラでいたら、自分がしんどくなく、望ましい関係性を築けるだろうかというのが問題…

名前を知らない関係性

昨日駅で、職場近くの郵便局員さんたちに出くわした。電車に乗り、2駅目のところで連れ立って降りて行った。飲み会かな・・・と横目で見送る。今日郵便局に行くと、そこにはいつもどおり仕事をしているみなさんがいた。大変親しみ深く感じているが、一方的…

続きに自分が立っている感じがする

録画していた、いだてんを見た。すごいものを見た。 見ている者は、9月1日の正午近くに何が起こるか知っている。知っていながら、歴史に残らない普通の人々の普段のやり取りを、ただ見ている。一つ一つの何でもないような表現が何でもないようなだけ一層力…

そうか、芸術は買えるのか

私が書道を教わっていた先生は50歳そこそこで急に亡くなってしまったのだが、その先輩である偉い先生が百貨店で個展をされるというので、母と待ち合わせて見に行った。大きさも書体も様々な作品が並び、どれもかっこいい。2畳分ぐらいの作品を見て、こん…

ウシになる自由がある

サンダルを履いてびちゃびちゃと足を濡らしながら出かける。小学生とお勉強。雨の日は何かぼーっとする、と少年が言っていた。確かに雨で調子が出なくて疲れたなと思っていたが、小学生の頃などに天気と体調を結び付けて感じていた記憶がないので、そういう…

賞金は研究費にしてもらおう

同居人がアラジンを勧めるので一緒に見た。テレビを見ない家で育ったせいか、ディズニーアニメは内容をほとんど知らない。クラシックなディズニーは、プリンセスと悪い魔法使いのバリエーションなんだということを学んだ。 定番の、3つの願いは何にするかと…

見えてないんじゃない、無視してるの

歌舞伎の桜の森の満開の下で、鬼が言っていた。 また中華料理屋で相席をする。同じテーブルで差向かっているのに互いに完全に無視するというシチュエーションに、人間の振る舞いの複雑さを感じる。黒子とか人形遣いのように、あんなに見えてるのに見えていな…

世界が交わらない

今日も施設。一般の人に施設見学をしてもらうイベントなのだが、昨日と今日で参加者のタイプが全然違って戸惑う。法則性が読めず、企画をするものの蓋を開けてみないとどんな人が応募してくるかわからない。今回は最終的に介護保険法の話などに至り、それに…

わかんなくなって適当なことを言う

仕事で高齢施設にゆく。今年から福祉施設に行く機会が増えたため、段々一般の感覚がわからなくなってきた。特養とか有料とかグループホームとか従来型とかユニットケアとか、わかんない、わかんないですよね。そこに加えて今日は更に、外国籍の人の就労ビザ…

あばたもえくぼも盲目

区民ホールの前をとおりかかると、歌謡曲コンサートを聞きに来たおばあちゃま方と、何かしらの怒りの集会に参加するキャップとマスクの人々が、それぞれエリアを作って立ち並んでいた。昼ごはんに中華料理屋に行くと、円卓の相席に案内された。大体同じぐら…

我に返って恥ずかしいがそのまま行く

いだてん良かった。金栗先生の熊本弁の啖呵がたまらない。 陸上をやったら脚が綺麗になるんじゃないかしら、という動機で走り始める女子たち、わかるーと思わず輪に加わってしまう。私もまさに勘九郎がしゅっとした脚に変わったのに驚いて憧れてもしやと思っ…

揚子江より広くて深い川

久しぶりに午前中が空いている日でダラダラと起きるも、生理ちゃんがおはようさんとやってくる。あまり予定どおりに行動してくれず、大体忘れたころに現れてしかも、出張とか旅行とか何となくタイミングが悪いことが多い。いつものことなのでさっさと薬を飲…

念じても起動しない時計

スマートウォッチの電源が入らなくなって困っている。買い替えを延ばし延ばしにして本当に使えなくなって途方に暮れる種類のものが控えているので優先順位は低いが、またひとつ懸念事項が増える。 先日行ったフォーラムで、学者先生がコンピューターについて…

赤いブレザーを笑ってごめん

出張のために駅に着いた瞬間、金目のものを全部職場に忘れてきたことに気付き、ダッシュで戻りむかい駆け込み乗車をし元通りの時間に到着した。忘れものをしないのはもう諦めたほうがよさそうなので、このような事態に備えて今後とも走っておこう。 他人に怒…

思いがけず出会う

昼ご飯を食べに入った中華料理屋で、相席になった人が日刊スポーツを読んでいた。なでしこジャパンについて大きく扱われているのが目に入り、スポーツ新聞の読者層となでしこジャパンの需要について思い至り感心した。 いだてんがちょうど女子スポーツについ…

最後から何番目のさようならですか

仕事があまりにも暇なので半休をとって歯科検診に行った。小児の頃から通っている歯医者は微妙に遠いので、ぼんやりしていると何年と間が空いてしまう。2年ぶりに行ったら先生が引退していた。昨年末何か病気したとのこと。もっと早く来ていれば…と一瞬思っ…

ピラミッドの前で記念写真

八月納涼歌舞伎の情報が出た。と思ったら、何も書いていなくて出ていないに等しかった。とりあえず弥次喜多をやるらしいということだけわかった。今月は三谷幸喜の歌舞伎だったな。チラシを見て、全然わかんない・・・って思っているが、勘太郎出てるし見に…

家がない(なくなりそう)

家賃を滞納して追い出されてしまうとか、社員寮に住んでいたため離職と同時に住むところがなくなったとか、友達の家やネカフェなどを転々として生活しているとか、そういった状況ではどうしてもその日暮らしの生活になってしまうのではないでしょうか。ぜひ…