仮面福祉会

できることを切り売りしています

はじめに

WEB制作会社で主にデザインとコーディングをしながら、途中で訪問介護もやるなどし、現在は福祉の総合職をやりつつ、不定期でお習字教室(お習字カフェ 筆ざんまい)をやったりしています。

WEB制作を生業としなくなってだいぶ経ちますが、「職場でちょっとパソコンできる便利な人」でいるのも面白くないので、できることを切り売りしています。

ちょっとずついろいろできることがあるので、よかったら「できること」をご参照ください。

よみもの」は何となく福祉のことを書いていますが、他は本当にただの日記です。

今こそ質問箱を

週末運動をしたのでまたちゃくちゃくと体重が増えている。納得がいかない。

通勤中に、白鵬の引退ニュースを速報で知る。そうか、そうであろうな。
相撲界のしきたり慣習思想というものが、どこまで譲れないものなのか計り知れないが、これだけ突出して稀有で人間離れした結果を残してきた唯一無二の横綱に対して、相応の評価がされていないのではとずっと歯痒く思っている。しかし逆に、評価の足を引っ張るとわかっていてなお、土俵上の振る舞いを変えなかったことに、どんな意図があったのか、私はぜひとも訊きたい。今照ノ富士を見ていると立ち振る舞い、言動に余程気を使っていると見えて、借りてきた猫みたいでつまらない。前はもっと奔放で明るい感じだったじゃない。つまらない。
オリンピックでも本来なら白鵬に何か役割があったのではないか、今となってはわからないが、未だにモンゴルだ何だと言い続けてる相撲に多様性と調和の舞台は用意されないということか。勝手に想像して辛。
私だったらこんなクソみたいな国見限って母国に帰るけど、それでも白鵬は日本人になって親方になるんだもんな。
白鵬のことばかり小一時間は話してしまいそうだ。かなり好きなんだな。

緊急事態もマンボウも終わると聞く。え、まじでそんな急に?急に人出が増えて方々が混んだり飲み会が始まったりしたら嫌だよ私は。間引かれた席の快適さに慣れきってしまいました。
みなさんに仕事が戻るのが先決重要なので喜ばしいことだけど、仕事しない楽さに慣れきってダラダラし続ける人がたくさんいるんじゃないかしら。

夜中、鼠径部が痛くて起きる。なんやねん。