仮面福祉会

できることを切り売りしています

よみもの

バリアフリーの両立というステージ

中途半端な時間に目覚めると、両腕を限りなく上の方にぎゅうぎゅう伸ばした状態でいた。なんで。 30分ばかり寝坊ができる計算だったが寝たり起きたりする。健診は段取りよく進み、問題ない。右目の調子が悪い悪いと言い続けているが視力は出ている。ただとに…

祖母はまず風呂に水を溜め、それから洗濯をした

5時前に起きねばならなかったので早く床についたが2、3時間おきに目が覚める。寝た実感がないまま起きてごはんをたくさん食べて北に向かった。 被災地支援の一環で、地元のお坊さんたちと仕事することになる。稀有なこともあるものだ。無宗教だが、お坊さ…

俺の話を聴いてほしい一人一人がいじらしい

出張の予定であったが、財布を取りに職場にとりあえず事務所に向かう。昨日、同居人の就職祝いを買おうとしたら財布がなくて愕然としたのだった。 暑いうえに、鎮痛剤を補充し忘れて腹が痛い。出張のコンディションとしてはわりと最悪だが、複数個所の施設に…

許せないものの正体は何だろう

川崎の事件があって、それに対する様々な記事が出るスピードが速くて驚く。ライターの皆さんの、自身の見解をまとめる瞬発力がすごくて新人類だなと思う。私はいつもあのように事件が起こると、予想される反響を想像して自分とのズレについて考え込んでしま…

根拠のない自信の明暗

中学校の先生から、生徒に社会保障の話をしてほしいという要望があった。主に介護に関わる職業について、中々良いものですよということを知ってもらう仕事をしていたりするのだが、福祉という括りではあるので確かにそういう展開もあり得る。個人的には社会…

整理整頓をしたくなる

高校で福祉の授業をやるので、一度事例検討を試しにやってみた。ひとつの世帯について、あり得る範囲で思いつく限りの課題を盛り込み、福祉のことを考えるきっかけづくりをするというねらいであった。 80代の高齢者と40代の息子の2人暮らしで息子は無職…

隣人こそ愛せない

一昨日走ったせいで腰にインフルエンザのような筋肉痛がきて夜中に起きた。意外なところにくるじゃないか。用事があって町の中心地に行ったら、ランニングイベントをやっていてキラキラしていた。走りたくなる気持ちと辛さの記憶との兼ね合い。 去年災害絡み…

親だから偉いの論理破綻

リアル高校生に会うと、自分の高校生の感覚より全然子どもなので戸惑う。10代半ばぐらいから現在までが地続きな感じがしているが、20年近く経っているのでそれなりに発達してきたんだなと実感する。そりゃそうか。そういうの頭でちゃんとわかってないと…

話が通じる気がしない

池袋でやっている「世界は一人」を見てきた。松たか子が歌っているのが好きなので舞台に出ていると時々見に行く。あと瑛太を生で見てみたかった。松尾スズキはいつも怖い。 良かったがしんどい内容だった。舞台というのはなんですか突き詰めると内省になるの…

身近になると怖くなくなる

すっかり晴れたので、恒例の買い物同行に向かう。バスに乗ると高齢化率の高さを思い知り、席を譲るべき対象に迷う。堺屋太一が亡くなったというNHKの通知を受け、速報される人とされない人の判断基準はどういったものなんだろうと思う。 昨日、上野で江戸絵…

大変そうでも役に立てる感謝される

中学校で福祉の授業をやった時のアンケートをずっと見ていたら、福祉の仕事は大変そう、でも役に立っててすごい、感謝されていい、をループしてつまらないなと思ってしまった。空気読んで正解の答え書いてつまんないとか言われて、子どもは気の毒だな。 先日…

共感性はコントロールできるのか

福祉の何かしらは何にせよひとりでは進められないので、共感性が必要である。という話を聞いたのを、本当にその通りだなと思い出した。 高校でクラスのTシャツを作る風習があり、当たり前のように作ろうとしたところ担任の先生が、Tシャツ代が負担になる家庭…

仕事を勧める仕事

ここのところ、ざっくばらんに言えば介護人材を確保するための仕事ばかりしている。高齢化率が延びる一方でどう考えても介護職が足りないから。 力を入れるべきなのは、確保ではなく定着ではという雰囲気もあるのだが、定期採用に応募がないという話も引き続…

必ずしも意味はなくてもいい

最近障害者の就労支援施設に行く機会が重なった。一つは就職につなげることを目標としている人もいるところで、もう一つは色々なものを作ったり野菜を育てたりしながら生活をするのが目的というような感じのところだった。(正確に施設の種類の定義付けはあ…

いろいろあるだろうがみんな可愛く見える

7月に豪雨災害があった、愛媛県の宇和島市吉田町でサロンをやる。というのをしに行っていた。吉田町は岡山や広島に比べて知られていないけど、豪雨で土砂災害と川の氾濫による浸水で多くの被害があったところ。 やることは、サロン開催のお知らせチラシを配…

試行錯誤をして結果を出す面白さ

このあいだ、高齢施設の研究発表会みたいなのに行ってきて、大変面白いなと思った。取り立てて研究とするほどの内容かいなというものだったり、結果が出ていなかったり、まとめが曖昧だったりするものもあるんだけど現場で働いてるみなさんが、一生懸命日々…

お前それマジで言ってるのか

介護人材対策のために、国が、外国の人に色んな在留資格を用意したり、介護ロボット開発に助成金をつけたり、介護を中学生の指導要領に入れたりしてるの、みなさんご存知でしたか。私は知ってたり知らなかったりまだ知らないこともあろうという感じです。多…

非日常のつもりで日常に飛び込んでいく

何やかんやでボランティアが注目されているので考えていた。たまたま、2度ばかり仕事で、1度だけボランティアで、被災地に行ったことがある。発災からどれぐらい経ってるかとか、災害の内容によって現地の状況はさまざまだけど、肝に銘じてやらないといけ…

あの仕事この仕事との違い

福祉の仕事のイメージは?とか、就きたいと思わない理由は?(子どもに)就かせたくない理由は?とかいうアンケートを取ると、十何人かに一人ぐらいの頻度で「きつい、汚い、給料安い」と回答しているのを見るので、どこでそれを教わってきたんかなぁと思う…

本当に強い人はいい人

ホームヘルパーの仕事で、90代のおじいさんのお家に通っていたことがある。そのお家には長く付き合いがあるお医者さんとか看護士さんがいて、あとから入った自分たち訪問介護事業所の者どもはどうも口出しができるような雰囲気ではなかった。確かそのおじい…

最優先は死なないこと

社会福祉六法というのがあって、その中に児童福祉法というのがある。その中に「虐待が疑われる児童を発見した者は通告しなければならない」と、(だいぶ端折ってるけど)書かれている。なければならないのです。 今たまたま仕事で、福祉とは?という話をしな…

後ろめたいという独り相撲

福祉職に人手が足りないとか定着しないとか言われ初めてもはや久しいけれど、一向に好転しないと見える。しかも今や人手が足りないのは福祉職に限ったことじゃないから、対策をするにしても奪い合いなのではと不毛っぽく感じる。それで今自分の落としどころ…

支援されるべき孤独

社会福祉はその名の通り社会の福祉だから、そこそこ多くの人が共通して「必要である」と感じる説得力がいる。 年頃なので、ここ何年も友達が子どもを産んだり育てたりしているので、様々な子育て模様を聞かせてもらっている。それで何とまあ三者三様十人十色…

人のつがなりを金で買う

例えばオートロックとか、コンシェルジュとか、どこでもドアホンとか、セコムとかアルソックとか、GPSとかあんなアプリとかこんなアプリとかがやってくれることってかつてはご近所さん同士で、留守中お願いね、とか、その辺にいる子どもに声かけるとかそうい…

ステレオタイプ高齢者

自分の時代感覚が信用できないので難しいことが多い。 個人的に「高齢福祉」を認識してから10年以上経つのだけど対象としている高齢者のみなさんそのものとか、提供してるサービスとかの印象が、あんまり変わらないのが不思議だなと思っている。 最近90…

優先順位それぞれ2

義理ができたから金を出せ、と言われる。 福祉のいろんな事業の中に、高齢の人とかの金銭管理を代わりにするというのがある。通帳を預かって、定期的にいくらって決まった額を渡すような感じなんだけど、年金でギリギリのお金しかない中で、言われるままに出…

唯一無二のわけがないけど言えない

今年度から日本学生支援機構が第一種奨学金(無利子)と給付金の枠を拡大したので、じゃっかん負担軽く進学できる人が増えた。というできごとがありました。しかし無利子でも返済はあるし、高校から学費借りて進学してる人もいるので、その借金たるやいかほ…

優先順位それぞれ

生活の問題について相談を受けていて、難しいのが各々の優先順位である。相談に来る人はそんなに収入がないことがほとんどなので、何かあったときはひとまず出る方を減らすしかないんだけど、譲れないものに対しての妥協点を探すのが闘いなんである。 その困…

人を責めるな

トヨタのあれ。 住まいが定まらないとか「困ってる人」へのお前が悪いんじゃん説は終わりを見ませんが、こちらがわで仕事してる立場としては、「で、何ができる」の話をしてかないと進まないので、人を責めてる場合ではないのです。 ただ、やさしいわけでは…

同じ船に乗るものどうし

いつだかテレビで、どこか国の、塩を掘って生計を立ててる村の話をやっていてはっとした。塩掘るだけでいいのか。 毎日仕事でいろんな人の話を聞いていて、何でそんなことになっちゃうんだよーとツッコミを入れそうになることも多いんだけど、そういえば自分…