仮面福祉会

できることを切り売りしています

もうずっと集中力がない

5時頃一度目が覚め、起きて出勤しても良いが早すぎるわと二度寝し変な夢を見たなという気分の記憶だけ残った状態で目覚ましを聞き起きる。今週3日目にして既に疲れている。朝ごはんを食べ過ぎる。

月曜日ぎゅうぎゅうと感じた電車はさほどでもなく、目の前のシートには女性ばかり座っていた。同じスケジュールで生活しているので、毎日会う人がもっと認識できても良さそうなものだがと不思議である。まちまちで生活するほうが普通なのかもしかして。

仕事、やらねばならない作業がある傍らインサートするものが物理的に机に積み上がっていく。忘れてしまわないかということが不安。積み上がったまま時間外に突入し担当打ち合わせ。上のものたちからは具体性のある話は聞かれずそれは何も考えてないし検討されてないし戦略はないし着手されないしつまり自分たちの責任で全部何とかしないといけないということだとわかった。外装が違うだけで議会もこんな感じだものな。

やきいもを食べ、積み作業を2割ぐらい残して22時過ぎに帰る。今月の給与明細が届き、超勤が前月より20時間ぐらい少なくてあれれーと思う。そんなに違ったかな。

お腹が減ってきたかもと思いながら寝る。